2023.10.11 販売開始

空からの精密農業
可変散布対応 スマート農業機

自動で、液剤・粒剤を散布するドローン!「誰でも、適期に、簡単防除」ができます。操縦スキルは一切不要なので、農業やドローン未経験者でも、簡単・正確に散布できます。

【実績情報】
全国の登録圃場数:17,000圃場
散布面積:20,000ha(2019-2023年の実績)

Features特長

誰もが、
精密防除のエキスパートに!

01

安心の日本製

農業に特化し、国内で企画製造。
飛行中の安全性を重視し、移動・収納も
スムーズで利便性にもたけています。

02

高精度な自動飛行

RTK-GNSSや複数センサーから算出される
位置・情報により、
正確に、自動飛行します。

03

リアルタイム
飛行監視

ナイルワークスでは、LTE網を経由して、
リアルタイムで飛行情報を把握し、
サポートしています。

01

安心の日本製

農業に特化し、国内で企画製造。
飛行中の安全性を重視し、移動・収納も
スムーズで利便性にもたけています。

02

高精度な自動飛行

RTK-GNSSや複数センサーから算出される
位置・情報により、
正確に、自動飛行します。

03

リアルタイム
飛行監視

ナイルワークスでは、LTE網を経由して、
リアルタイムで飛行情報を把握し、
サポートしています。

How to useドローンの使用方法

シンプルな3ステップで、自動飛行

※画像はイメージ

  • Step01圃場を歩いて測量

    測量機を使い、事前に、
    圃場や障害物を測量します。

  • Step02ドローンを準備

    ドローン・バッテリー・プロポ・
    スマートフォンを準備します。

  • Step03簡単操作で飛行

    飛行経路は自動生成され、
    ドローンは自動飛行します。

事前に研修があります。わずか3日間の研修で、
防除のエキスパートになれます。

Movie動画

生産者さんが語る!
ナイルワークスのドローンの魅力

Spec製品スペック

ドローン

機体

最大離陸重量27kg

プロペラ枚数6

全長×全幅×全高1,916mm×2,110mm×727mm ※液剤タンク含む

全長×全幅×全高(収納時)716mm×626mm×727mm ※液剤タンク含む

フレーム形式ボックスフレーム構造

アーム収納形式下方折りたたみ方式

プロペラ

プロペラ径27inch

プロペラ形式CF強化樹脂(折りたたみ式構造)

バッテリー

定格容量799Wh

定格電圧44.4V

全長×全幅×全高149mm×255mm×243mm

充電器

充電方法急速充電(4スロット)

定格出力100V 1200W / 200V 2400W

全長×全幅×全高350mm×250mm×155mm

液剤散布装置

最大タンク容量8ℓ

吐出方式ノズル方式(2個)/滴下

散布幅4.5m~

散布速度~20km/h

散布量800ml~/10a この他、薬剤に応じて設定可能

粒剤散布装置

最大タンク容量10ℓ

吐出方式インペラー式

散布幅5m~

散布速度~20km/h

散布量薬剤に応じて設定可能

通信・測位

通信方法LTE / 2.4GHz

測位方法ネットワークRTK

※一部開発中のため、
仕様は予告なく変更となる場合があります。

その他アイテム

その他、ドローンの飛行に必要なアイテムです。

  • プロポ
  • 測量機

※一部開発中のため、
仕様は予告なく変更となる場合があります。

LINEで、デモ飛行の情報など配信中

  • デモ飛行
  • イベント
  • 見積依頼
  • 講習会

LINEで最新情報をゲット!

IDやQRコードでも登録可能
  • IDの場合

    【LINEホーム→友達追加→検索(ID:@nileworksを入力)】を選択すると入力画面が表示されます。

  • QRコードの場合

    【LINEホーム→友達追加→QRコード】を選択すると
    撮影画面が表示されます。
    右のQRコードを読み込んで登録ください 。

本製品は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構/NARO)が事業実施主体である国際競争力強化技術開発プロジェクト「安全安心な農業用ハイスペックドローン及び利用技術の開発」を受託(2021年6月)したハイスペックドローン開発コンソーシアム(※)の事業で開発された機体をベースにしております。

※ハイスペックドローン開発コンソーシアム
代表機関:ヤマハ発動機株式会社
共同研究機関:
〈企業〉株式会社ザクティ、株式会社ザクティエンジニアリングサービス、株式会社ナイルワークス、ヤンマーアグリ株式会社
〈研究機関〉農研機構、大分県農林水産研究指導センター、鹿児島県農業開発総合センター、佐賀県農業試験研究センター、長崎県農林技術開発センター