サービス

自動飛行型農薬散布マルチコプター
タブレット操作で簡単!誰でも手軽に空中散布

搭載したカメラを通じて圃場の形状を自動認識し、
完全自動飛行で農薬の空中散布を行うマルチコプターです。

熟練オペレーターがいなくても、
タブレット端末の簡単な操作で空中散布が行えます。
正確な位置制御・散布制御が可能なので、
無人ヘリでの散布が難しかった小規模・変形圃場に対応。
軽トラックに積める機体で、
飛行1回あたり10リットルの農薬を
1ヘクタールの圃場に散布出来ます。

特長
1

小規模圃場対応! 小さな機体で低ドリフト

無人ヘリでは難しかった、小規模・変形農場への散布が可能です。
穂先から30cmの超低空飛行で、指定範囲内での均質散布を実現しました。 また、機体の真下方向のみに農薬を吹き付けるので、指定範囲外への飛散を極めて少なく抑えることができます。

特長
2

完全自動飛行で、熟練オペレーター要らず!

タブレット端末からの飛行と散布の指示をもとに、
自動散布します。操縦が不要なので、熟練オペレーターを必要としません。
さらに、電子回路・ファームウェアの自社開発と回路の二重化により、高い安全性を追求しました。

特長
3

年間100万円!高い技術を手頃な価格で

マルチコプターとタブレット端末、さらに散布の予定や履歴が確認できる 「農薬散布クラウドサービス」の3点セットを、年間使用量100万円(3年契約)でレンタルする予定です。 小規模圃場のみならず、大規模圃場で散布時期を変えたい場合などにもオススメです。

仕様

サイズ 幅1900mm 奥行1400mm 高さ700mm
重量 14kg(農薬含まず)
農薬積載容量 10L
農薬散布幅 2.5m
噴霧ノズル数 4
農薬散布面積 1ha
飛行時間 最大飛行時間20分
飛行速度 最大時速20km(農水省の定める空中散布の飛行速度に準拠)
飛行高度 0.5m〜4m
飛行方法 自動運転
クラウドサービス 圃場管理、農薬散布履歴管理